藤花園の盆栽日記

盆栽の作り方、手入れを綴るブログ

MENU

挿し木した苗バラの鉢上げをしました

バラは挿し木で簡単に増える

盆栽に使われるバラは野ばらの仲間が多く、特にミヤビバラ(雅バラ)はその可憐な姿と鮮やかな花色から人気があります。

f:id:toukaen-bonsai:20190910114221j:plain

ミヤビバラの花

バラは盆栽樹種の中でも特に育てやすく、初心者でも簡単に育成することができますのでおすすめです。また、成長が早く挿し木の成功率も高い(90%以上)ので繁殖も容易です。

 

ということで、剪定した枝が出たら挿し木にチャレンジしてみましょう。

 

 半年後に鉢上げ

バラは東海地方などの暖地では、5月ごろに開花します。

開花の前に整姿のための剪定を行いますが、この時期がちょうど挿し木の適期となります。

 

挿し木の手順は全樹種共通の一般的なもので大丈夫です。

(関連記事はこちら)

www.bonsailife.tokyo

 

二週間程で発根します。

その後は通常の管理を行います。

 

鉢上げは9月ごろ

鉢上げと植替えはその年の9月ごろ行います。

f:id:toukaen-bonsai:20190910115343j:plain

挿し木をしたバラ

f:id:toukaen-bonsai:20190910115615j:plain

上から見た様子

十分根付いています。

f:id:toukaen-bonsai:20190910115801j:plain

鉢から引き抜いたところ

f:id:toukaen-bonsai:20190910115838j:plain

株ごとにほぐしたところ

将来の盆栽です。

健康な素材が得られました。

 

植替えの手順は一般的なものでOK

植替えの手順は、

  1. ビニールポットに底石を入れる

    f:id:toukaen-bonsai:20190910120557j:plain

  2. 用土を入れる

    f:id:toukaen-bonsai:20190910120609j:plain

  3. バラを入れ

    f:id:toukaen-bonsai:20190910120619j:plain

  4. 用土をいれ、鋤き込む

    f:id:toukaen-bonsai:20190910120629j:plain

  5. たっぷり水やりをする

    f:id:toukaen-bonsai:20190910120639j:plain

という一般的なものです。

写真ではまだヒョロヒョロですが、数年経てば立派な盆栽に成長します。

 

なお、鉢上げの詳細についてはこちらの過去記事もご参照ください。

 

www.bonsailife.tokyo

 

 

バラは鋏作りで作る

バラの特徴として、

  • 胴吹き芽(幹の途中から不定期に出る芽)が出やすい
  • ひこ生え(根元から不定期に出る芽)が出やすい

があります。

樹勢の強いバラならではの特性ですが、盆栽の形作りという観点からは困りものですね。

 

そのため、バラ盆栽は上記の特性を逆手に取り、幹を作らずに株立ち樹形(一本の根元から複数の幹が出ている樹形)に仕立てられることが多いです。

またこの樹形は、針金掛けは行わずに定期的な剪定のみで樹形作りを行う「鋏作り」と呼ばれる方法で作られます。

 

まとめ

バラの挿し木のポイントをまとめると、

  1. 挿し木は春が最適
  2. 挿し木期間は6か月
  3. 樹形は鋏作りが基本

でした。

 

今回の記事は以上になります。

 

このブログは「手軽でミニマルに盆栽を楽しむ生活」をコンセプトにお送りしています。

面白かった、気に入ったと思った方は、☆マークのポチと読者登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。