藤花園の盆栽日記

盆栽の作り方、手入れを綴るブログ

MENU

挿し木した真柏の鉢上げ

真柏の鉢上げ時期について

挿し木をして盆栽素材を増やすのは楽しいことです。

 

挿し木についての詳しい手順はこちらの記事で解説しています。

 

www.bonsailife.tokyo

 

 

ただ樹によって異なる鉢上げのタイミングをどのように見極めるのか?

私も恥ずかしながら挿し穂を発根前に鉢から引っこ抜いてしまい、「やっちまったー!」と後悔したことが何度もあります。

 

挿し木した真柏の鉢上げするまでの期間はどのぐらいが適当か?

というわけで今回は、最適な鉢上げのタイミングと、鉢上げの時に行う作業についてまとめてみました。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190828151547j:plain

真柏盆栽

 

真柏の鉢上げは一年待つ

 結論から言うと、真柏の鉢上げは挿し木から一年は待ちましょう。

挿し穂の太さや親樹の樹勢によっても異なりますが、その後の成長も踏まえて考えると一年待って鉢上げした方が確実です。

 

ラベルメモを活用する

多くの鉢を管理していると、挿し木を行った時期を忘れしまいます。

笑ってしまうほどアナログですが最も手軽で確実な方法は、挿し木をした日付を記入したラベルを挿すことです。

f:id:toukaen-bonsai:20190828153124j:plain

ラベルで一年経ったことを確認

とても効果的な方法ですね。

 

用土は赤玉土単用でOK

f:id:toukaen-bonsai:20190828153321j:plain

赤玉土(小粒)

用土は何でも構いませんが、赤玉土100%で大丈夫です。

もし手元に砂(矢作砂や富士砂など)があれば2割ほど混入してあげると水はけが向上してなお良いです。

 

同時に針金掛けを行う

鉢上げした真柏はこのような感じです。

f:id:toukaen-bonsai:20190828153654j:plain

堀り出した真柏

このまま植えたらただの棒に成長します。

 

時間短縮のために、このタイミングで針金掛けも行います。

 

2mmのアルミ線で矯正する

用意するものはアルミ線(2㎜)です。

f:id:toukaen-bonsai:20190828153911j:plain

真柏とアルミ線

 

根元から葉先まで巻き付けます。

葉を巻き込まないよう気を付けて。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190828154112j:plain

針金を巻いた状態

 

ここから曲げていきます。

 

特に根元に強めの曲が入っていると鑑賞価値が上がります。折れないように注意しながら頑張って曲げましょう。

 

大分曲がりました。

将来の盆栽の姿を思い描きながら形作ります。

f:id:toukaen-bonsai:20190828154329j:plain

曲を付けた苗

 

ビニールポットに植えこむ

最後にポットに植え込みます。

こちらも赤玉土100%でよいです。

f:id:toukaen-bonsai:20190828154618j:plain

土を入れた状態

次第に盆栽っぽくなってきました。

割りばしのような棒でツンツンと漉き込みます。

 

最後にたっぷり水をかけて完成!

 

以上真柏の鉢上げについてでした。

 

なお植替えについての関連記事はこちらです。

ご参照ください。

 

www.bonsailife.tokyo

 

まとめ

真柏の挿し木のポイントは、

  • 挿し木後一年待つ
  • 鉢上げ時に針金掛けを行う

でした。

 

今回の記事は以上になります。

 

このブログは「手軽でミニマルに盆栽を楽しむ生活」をコンセプトにお送りしています。

面白かった、気に入ったと思った方は、☆マークのポチと読者登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。