藤花園の盆栽日記

盆栽の作り方、手入れを綴るブログ

MENU

モミジの網伏せ挿し木の結果「自然な曲を付けることに成功!」

モミジの「網伏せ挿し木」を行う効用

盆栽の人気樹種の一つ、モミジ。モミジは、春の新緑から始まって、夏の青葉、秋の紅葉、冬場の寒樹まで一年を通して鑑賞できますね。

モミジの見どころとしては、「かわいい葉」や「繊細な枝ぶり」に加え、滑らかな幹肌があげられます。また、盆栽全般に言える事ですが、自然な曲の付いた幹模様は外せないところです。

 

今回は、「滑らかな幹肌」を維持しつつ「自然な曲」を形作る技術、網伏せ挿し木の、夏の手入れについて解説していきたいと思います。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808222105j:plain

モミジの紅葉

 

網を外す時期は?

3月~4月に挿し木(挿し芽)を行った苗の写真です。

f:id:toukaen-bonsai:20190808222623j:plain

網伏せ挿し木の状態

梅雨の時期はモミジの成長も著しいので、ネットの隙間から葉が飛び出してきます。

 

夏の手入れはネットを外すことです。

網を外す時期は、梅雨明けと同時期です。夏場に網をかけたままですと暑さで中が蒸れて植物が弱ってしまいますので、暑さが本格化する前には網を外してあげましょう。

 

幹の曲付けに成功!

網の中で曲がつきました。

自然の成り行きに任せた形作りですので、外すときにはどんな形がついているかワクワクしますね。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808223158j:plain

曲の付いたモミジ

左側の苗は大きめの曲が付き、将来が楽しみな素材です。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808223323j:plain

曲の付いたモミジ

こちらも曲がりすぎず自然の揺らぎが付きました。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808223433j:plain

曲の付いたモミジ

こちらは大きめの屈曲がついています。

成長するとちょっとクセのある樹形になってしまうかも…。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808223706j:plain

曲の付いたモミジ

これは足元から変化のある模様がついています。

少し堀り上げて根上がり気味に仕立てたらいい感じになりそうですね♪

 

f:id:toukaen-bonsai:20190808224003j:plain

曲の付いたモミジ

こちらも強屈曲です。

個性的な樹形に成長しそうです。

 

夏以降の管理は

このままひと月ほど管理し、9月ころに苗を一本づつにばらして7.5cmのビニールポットに鉢上げします(用土は、赤玉土8:腐葉土:2)。

 

10月~11月は冬に備えた肥料(油粕を少なめ、米粒大ほど)を施します。

次の植替えは2年後です。

 

以上、モミジの網伏せ挿し木の効用についてでした。

 

まとめ

今回のまとめは、

  • 自然な曲が付く
  • 幹に針金キズが付かない

です。

 

今回の記事は以上になります。

 

このブログは「手軽でミニマルに盆栽を楽しむ生活」をコンセプトにお送りしています。

面白かった、気に入ったと思った方は、☆マークのポチと読者登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊