藤花園の盆栽日記

盆栽の作り方、手入れを綴るブログ

MENU

山アジサイの挿し木をしました~花の終わった後に株を増やす~

アジサイを増やす方法は?

梅雨時に開花する山アジサイは、その控えめな姿から人気があります。

開花を楽しんだ後は剪定作業の適期、剪定した枝を挿すと以外と簡単に活着します。繁殖に成功すれば翌年から花が咲きますので来シーズンの楽しみが増えますよ。

 

ということで今回は、山アジサイを挿し木で増やす方法を解説していきます。

 

f:id:toukaen-bonsai:20190823160553j:plain

アジサイの盆栽

 

梅雨時が適期

アジサイ挿し木時期は、6月~7月前半の梅雨時です。

また剪定の時期もちょうどこの時期ですので、剪定した枝をそのまま挿し穂として活用可能です。一石二鳥ですね。

 

挿し木の用土は…

次に作業手順について解説してゆきます。

 

まず、挿し木床を準備します。

f:id:toukaen-bonsai:20190823160632j:plain

挿し木床

 

用土は、

赤玉土→5

日向土→1

腐葉土→4

の割合でブレンドしたものを使用します。山アジサイの場合、保水力の高い腐葉土を多めに入れるのがコツです。

上からジョウロで水をかけ、よーく濡らしておきます。

用土は、ホームセンターで「挿し木用土」として販売している土で構いません。

アジサイの仲間は挿し木の成功率が高いので、用土に関してはあまり神経質になる必要はありません。

 

挿し木の手順

次に手順です。

 

剪定した幹や枝を5センチ程にカットし、大きな葉は100円硬貨ほどの大きさに整えます。これは蒸散を少なくし、水切れからの枯れを防ぐ理由からです。

 

6時間ほど水揚げします。←ここポイント!

通常の樹種よりも長めです。

f:id:toukaen-bonsai:20190823160705j:plain

水揚げ中の挿し穂

 

挿し穂の切り口を傷めないよう用土に爪楊枝などで深さ3~4センチの穴を開け、穂を挿してゆきます。

f:id:toukaen-bonsai:20190823160746j:plain

挿し木直後の様子

 

しばらくは日陰で管理

鉢の置き場は日陰や半日陰です。

建物の東側など午後の西日を避けた場所に置き、一日一回水やりを行い管理します。

 

挿し木直後は肥料は施しません。(施肥は1か月後からでOK)

枯れてしまう原因のほとんど水切れです。気をつけましょう。

 

発根までの期間は?

およそ2週間程で発根、活着します。

通常の樹種よりも早いです。

f:id:toukaen-bonsai:20190823160822j:plain

挿し木2週間後の様子

 

4週間後ともなると新芽が展開し、枝も元気に伸びてきます。

その後は通常の盆栽や植木と同様に管理します。

 

以上山アジサイの挿し木についてでした。

 

まとめ

今回のポイントは。

  • 梅雨時に行う
  • 水揚げは長めに行う

でした。

 

今回の記事は以上になります。

 

このブログは「手軽でミニマルに盆栽を楽しむ生活」をコンセプトにお送りしています。

面白かった、気に入ったと思った方は、☆マークのポチと読者登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  

戸建のメンテナンスなら【イエコマ】